デイリースポーツ

2021.04.08 11:18

玉川徹氏 テクハラの時代に自虐発言「いま野に放たれると市場価値がほとんどない」/デイリースポーツ online

テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」が8日、職場でITが苦手な上司へのテクノロジー・ハラスメント(テクハラ)を取り上げ、同社の玉川徹氏は「僕の場合は結構できませんから、いま野に放たれると市場価値がほとんどない」などと自虐的に語った。 番組ではテクハラの実情とともに、「ITに疎くてもこれくらいはできてほしい」という街の声を紹介。「Exel、パワポを使う」「リモート会議の設定」「書類のPDF化」「メールの設定」「スクリーンショット」「聞かれて何度か教えたこと」を挙げた。

元のニュースを見る

このニュースに関するネットの意見

社会

政治

経済

スポーツ

国際

科学

生活

エンタメ