日本経済新聞

2021.09.22 09:47

永瀬王座先手で相掛かりに 将棋王座戦第3局

永瀬拓矢王座(29)に木村一基九段(48)が挑む第69期将棋王座戦(日本経済新聞社主催、東海東京証券特別協賛)五番勝負の第3局が22日朝、神奈川県秦野市の陣屋で始まった。両者1勝1敗で迎える天王山は永瀬王座の先手番で、持ち時間は各5時間。午前8時41分、3連覇を目指す永瀬王座が対局室に入った。同43分、和服姿の木村九段も入室。定刻の午前9時、立会人、塚田泰明九段の合図で対局が始まった。戦型は

元のニュースを見る

このニュースに関するネットの意見

社会

政治

経済

スポーツ

国際

科学

生活

エンタメ